1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2022年12月 次月>>
カテゴリ
ぶろぐん+
POWERED BY
BlognPlus
コーナー内検索

紹介メモ
リンクなど

新しい空間
 「新しい空間」という言葉があります。

続き▽
| ちょっと | comments (4) | trackback (0) |
ちくちくちく
これぞ、選りすぐり!

ある日、友人のKanikaが彼女の持っているKantha(綿の古サリーを重ねて刺し子にしたもの)をスーツケース約3個分持ってやって来てくれました。さぁこの中から、どれを持って帰ろうか。私たちのカバンの空きスペースを横目で見ながら、(でも実はすっかり無我夢中で)悩みに悩んで10枚ほど選びました。5枚は自分たち用、あと5枚はお客さん用で出来るだけ生活の中で使う方針です。もし気に入ってくれる人がいたら、Kanikaの活動を紹介できたらいいなと思います。



続き▽
| ちょっと | comments (0) | trackback (0) |
Sukla


 出国期日が迫ってきて、連日、友人の来訪があったり、あるいは誰かのところへ招待されたりしています。にも関わらず、どうしても会いに行きたいし、また会ってご挨拶しなければならないと思っている人とは、なかなか都合が合わないものです。
 出国3日前にして、ようやく訪ねることができました。本当に最後の最後、この週末に泊まりに行きました。

続き▽
| マサヤンハウス | comments (0) | trackback (0) |
黄色の季節
 

お向かいさんの庭のマンゴーの木に、小さな緑のマンゴーがなりだしました。ああ、今年は熟れたマンゴーを心行くまま頬張ることができないかと思うと切ないのです。

冷やして飲もう!

続き▽
| ちょっと | comments (0) | trackback (0) |
三人寄らば文殊の知恵


 ベンガルの人たちがしゃべる英語が好きです。
 彼らにとって、英語は生活における必需言語。冗談や、自分の気持ちをよりうまく伝えられるという場合もあるようです。

続き▽
| 退屈な | comments (0) | trackback (0) |
梅は鎹
 マザーハウスに行ってきました。
 マザーハウスはとても気持ちがよく、素敵なところなので、もう何度も足を運んでいる場所です。でもこの日は見学のために訪れたのではありません。お届けものの用事があったのと、あと、コルカタを離れる前に、何とかKさんにお会いするためでした。

続き▽
| ちょっと | comments (0) | trackback (0) |
茶の間へムー
大好きなAjit daの世界を次の生活の場にも取り入れたくて、彼の“牛たち”を連れて帰ることに決めました。


続き▽
| ちょっと | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑