Calendar
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2017年11月 次月>>
Counter
合計:646987
今日:174
昨日:219
Profile
My Home Page
New Entries
Recent Comments
Categories
Archives
Link
Other
Powered By
BLOGN(ぶろぐん)

10月の釣り(3)
10月後半は立て続けに週末に台風が接近しました。

 10月最後の釣行は、台風を避けて西に釣行です。

目的の場所の前に、常夜灯下で小物釣り。

豆アジ、ムツなどを数釣りしました。タチウオのライズも見ましたが、残念ながらヒットしませんでした。

 夜明けからアジ狙い。10番フックに巻いたストリーマーで狙います。

数投で20cm位のアジが釣れ、その次のキャストでは、遠くでヒット。一瞬根掛りかと思いましたが、34cmのアジでした。

 すぐに次を狙いましたが、フライを切られます。フグかカマスでしょう。

 それ以降アジのアタリはありませんでした。


 カマス狙いで、チヌ針5号に巻いたストリーマーで狙います。

 ポツポツとカマスが釣れます。カマスをヒットさせ寄せていると、突然ラインが走り出します。

 カマスが他の大型の魚に食われてます。ちょっと邪道ですが、そのままあまりテンションを掛けないように走らせます。

 堤防の内側でヒットしたのですが、堤防の先端を回り外側沖に走り出したところで合わせをいれます。

勢いよく魚が走り、リールのラインがバックラッシュ。その次の走りでショックティペットが切れていました。

 その後、堤防外側のカマスを狙っているときに2度同じように大型魚がヒットしますが、1回は抜けて、1回は堤防際でテンション掛け過ぎてショックティペットが切れてしまいました。

 そして、今度はカマス狙いのフライに大型魚がヒットします。 合わせと同時に沖に走りだします。

 あっという間にバッキングが出て、一度止まりますが、テンションを掛けるとまた走ります。慌てずにやり取りしていると、疲れてきたのか手前に寄って来ます。

 今度は、堤防に沿ってゆっくりと泳ぎますが、6番ロッドでは魚を浮かすことはできません。テンションを掛け続けて魚と一緒に堤防を移動します。

しばらく我慢していると、ようやく魚が横になって姿が見えました。いいサイズのネイゴです。

 Hさんにタモ入れしていただき、ようやくキャッチできました。ありがとうございました。





帰宅後、大きさを測ったら丁度50cmありました。

この堤防では、ネイゴのほか、エバも釣れました。



昼頃からかなり風が強くなり、風裏になる港に移動しました。

続きを読む ≫
 移動先では、フカセ釣りの方が2名おられ、その隣に入らせてもらいます。

 釣果を尋ねると、豆アジばかりだという事でした。

 釣り始めて、すぐに私にも15cmほどの豆アジが釣れます。前回釣れたカマスは当りません。

 夕まず目前に、別の場所に移動するか迷っていると、先行の方が帰られるとのことでしたので、防波堤の先端付近に移動します。

 すぐに、20cmほどのアジが釣れ、そしてカマスも釣れました。

 薄暗くなるころに、いいサイズのアジを3匹ほどヒットさせますが、抜き上げ時に口切れキャッチできませんでした。

 暗くなってくると、ムツの猛攻でフライをかなり無くしました。

 終わってみると今日もクーラー満タンの釣果でした。

アジの釣果の一部他豆アジ多数


クーラー満タンでした。

≪ 続きを隠す
| http://doratomo.jp/~flyfishing-shiki/note/index.php?e=645 |
| 釣り | 2017/11/03, (Friday) 12:53 PM | comments (0) | trackback (0) |
10月の釣り(2)
10月中旬は、9月から探って見たかった堤防に釣行してみました。

 朝、ちょっと早めに着いたので、隣の港の常夜灯下で小物釣りをしました。

夜明け前豆アジ、ムツなどの数釣りが楽しめました。

 夜明けに目的の堤防に。

 薄暗い時間帯は10番フックに巻いたストリーマーでアジ狙いです。釣り始めてすぐにアタリがありますが、豆アジ。

次のアタリではアカカマスでした。明るくなってくると、カマスとシロサバフグばかりで何度もティペットを切られます。

5号ショックティペットをつぎ足し、カマス狙いに変更します。

堤防外側は、フグがたくさんいるらしく、フライが数投でダメになります。堤防内側を狙います。

 ポツポツといくらでもカマスが釣れる感じでした。

 サイズは20〜35cmとかなりのばらつきがありました。たまに、クロカマスも混じりました。

アカカマス


クロカマス


昼頃までカマス釣りをして、休憩後、別の港に夕まず目のアジ狙いで移動します。

 夕まず目にはまだ少し早い時間でしたが、釣りを始めます。 1投目からアタリがあります。 ここでもアカカマスの群れが入って来ているようで、カマスの入れ食いでした。

 堤防際はカマスばかりなので、少し遠投してアジを狙います。アジのアタリは無くカマスばかりが釣れます。

 薄暗くなってようやく1匹20オーバーのアジが釣れました。



 その後、アジのアタリもなく終了となりました。

 




続きを読む ≫
次の日の早朝、同じ場所でアジを狙います。

しかし、全くアタリがありませんでした。

 昨日カマスがたくさん釣れた堤防に移動します。

 カマスを釣って遊んでいると、サゴシのライズが時々起こります。丁度、干潮から上げに入る時間です。

堤防際に浮き上がって来たフライになにやらいいサイズの魚がヒットします。

手元のラインを出して、さらにリールからラインが出て行きます。堤防際に寄せてから数回足元に突っ込もうとします。

もしかしたらネイゴかなと思った魚は、サゴシでした。



 カマスを狙った堤防際でヒットしたアジ。いつものアジと見た目が違います。

顔はギンガメアジのようです。ゼイゴも幅広い。調べてみるとオニアジという魚だそうです。初めて釣りました。



今回の釣行でクーラー満タンで終えることができました。




≪ 続きを隠す
| http://doratomo.jp/~flyfishing-shiki/note/index.php?e=644 |
| 釣り::四季の釣り | 2017/11/02, (Thursday) 11:48 PM | comments (0) | trackback (x) |
10月の釣り(1)
10月最初の休日は、青物の可能性のある堤防に早朝より釣行しました。

朝、薄暗い時間帯は、アジ狙い。 20cmちょっとのアジが釣れ、幸先いいかと思っていたら、全く反応なし。

かなり明るくなって、ティペットを点検すると、フライが付いていなかった。アジの良い時間帯にもしかしたらフライが無い状態で釣りをしていたのだろうか?

暗い時間帯はフライをこまめに点検しないとと、改めて思った出来事でした。


 明るくなって、10番ロッドに持ち替えて、大きなフライを投げる。1度だけ青物らしいライズがあったが、アタリはありませんでした。

 帰りながら、各港を見て回る事にします。

 ある港で釣りをしていると、ダツかサヨリらしいなぶらが立ち青物らしいライズが数回ありました。何度か射程内で起こりましが、フライには反応はありませんでした。

昼近くになって、帰ろうと車に戻っている途中。港の一番奥の船をおろすためのスロープでギラギラひらを打っている魚の群れを見つけます。何だろうか?一応フライを投げて見ます。

 その数等後、足元で浮き上がるフライにネイゴが出ます。 一瞬見えた魚は50cm位に見えました。6番ロッドでしたので、ちょっと獲るのは難しいと判断し、とにかく走らせないようにテンションを掛けずにそっとラインを張りました。

 穂先がグングンと小さくお辞儀し、魚が掛かっている事がわかります。暫くそのままにしていましたが、合わせを入れてないので、軽くラインを左手で引いて見ました。すると一気に港の真ん中まで走ってしまいました。

 魚は止まったので、またそのまま大きなテンションを掛けないようにそっとラインを張って耐えます。フライラインを引きずった魚は、そのうちにラインを張っても走らなくなり、竿を立てると沖の方で魚体が見えました。

 ここで、テンションを掛けて寄せます。足下まで寄った魚は、岸壁に沿って船が係留している方向へ走り出します。少しヒヤリとしましたが、最初のパワーは無く、魚は止まりました。

 そして、近くにあるスロープに魚をずり上げて無事キャッチできました。

 50cmほどあると思っていた魚は、意外と小さく40cm位のネイゴでした。



 この日は、朝のアジ1匹とネイゴ1匹だけの釣果でした。



続きを読む ≫
 次の週の釣行は、kazuさん、Mさんと久し振りの釣り場に。

朝一は、キントキ狙いでしたが、全くアタリなしでした。ここで一緒になったHさんと4人でカマス狙いで移動です。

 カマスは、いまいち入れ食いにならず、回遊のあった時だけポツポツと釣れる程度でした。クロカマス主体で、アカカマスも少し釣れました。

アカカマス


クロカマス


 潮位が下がって来てから河川河口部に移動です。



ここで、久し振りにダブルハンドを振りました。

ここでの釣果は、コチとセイゴでした。




 次の日は、単独釣行で地元の探りの釣りをしました。

 午前中は、あちこちの港、河川などを回りましたが、クロカマス、小さなエバ、セイゴが釣れただけでした。

 波が高い磯を見ながらの帰り道、釣りが出来そうな磯を1箇所だけ回ろうと、磯におりました。

 波の影響の少ない浅瀬では、エバの20cm前後、そして小さなコトヒキがたくさん釣れました。





 少しサラシのある場所を狙うとあまり大きくありませんでしたが、ヒラスズキも出てくれました。



 そして、最後はなぜかボラまでもヒット。



地元の磯が一番楽しめました。



≪ 続きを隠す
| http://doratomo.jp/~flyfishing-shiki/note/index.php?e=643 |
| 釣り::四季の釣り | 2017/10/30, (Monday) 10:39 PM | comments (0) | trackback (x) |