マグナムオーパスについて:ホムンクルスとレシピ
2016.08.31 
    こんにちは。「ツリー・オブ・セイヴァー」開発チームです。

    最近8ランクアップデートを迎えて様々な職業/スキルが新たに現れてプレイヤーの皆さんには多くの関心を見せていただいております。

    今日は皆さんがたくさん心配していましたが、一方では難しすぎて挫折される方が多かったアルケミストの「マグナムオーパス」スキルについてお知らせしようと思います。



    まず「マグナムオーパス」スキルは一定材料を、特定法則に基づいて組み合わせて全く別のアイテムを作り出すスキルです。珍しくもこのスキルはゲーム内の本やNPC達のヒントを通じて様々な作製法を知ることができます。

    「マグナムオーパス」スキルは思ったより汎用性が広いのですが、多くの方々は不必要なアイテムだけ出てきて必要がないという言葉をされます。


    ▲ 駄目なレシピの例

    ''シストの棘''を''エルマの髪の毛''に変えたりというふうにね。
    しかし、このスキルを利用すれば狩りだけでは入手できない様々なレアアイテムを入手できます。


    ▲ 装備が出来るレシピの例

    ゲーム内での狩りや箱探索、キューブなどでは得られない装備を作成することもでき、



    ▲ 「異世界のメガネ」のレシピ

    プレイヤーの方々が心配していた「異世界のメガネ」のような珍しいヘアアクセサリーも作れます。

    これを利用すれば錬金術の終着点である「賢者の石」も作成できます。


    ▲ 「賢者の石」のレシピ

    「賢者の石」を使用すれば、今回で8ランクがアップデートされて新たに追加された''ホムンクルス''が召喚されて、アルケミストの低い攻撃力を補完してくれる優れた効果を発揮します。



    プレイヤーの詠唱時間を別に消費することなく、ファイアピラーを代わりに使ってくれたりします。

    もちろん、「賢者の石」で召喚されたホムンクルスは永久に召喚されているのではなく、一定時間が経過すると元いた場所に戻ります。さらに召喚するためには「賢者の石」を追加で必要になるでしょう?

    「賢者の石」は以下のような材料が必要です。


    ただし「賢者の石」の材料は狩りだけで手に入れるには非常に困難です。

    「マグナムオーパス」スキルで該当材料を作ることができますよ。その中で特に一種類のレシピを教えるならば、


    ▲ 「水銀」のレシピ

    このように、''水銀''を作成できます。他の「賢者の石」の材料も「マグナムオーパス」スキルで製作が可能なので、レシピを探して他者と共有してみるのも良いと思います。

    近いうちにアルケミストマスターなどからもパンフレットを販売して一部マグナムオーパスレシピを公開する予定など、今後多くの方の利用お願いいたします。

    TOS開発チームでは、プレイヤーの皆さんがもう少し簡単に楽しく「マグナムオーパス」スキルを利用できるように詰めの準備が進められています。その他にもバグ修正はもちろん、バランス改善、多様な新規コンテンツを準備中です。

    今後もプレイヤーの皆さんの多くの関心と期待をお願いします。
[スポンサーリンク]

8ランククラス紹介:クレリック系列編
2016.08.30 

      ドルイド(3サークル)



      自然を武器にするドルイドの最終型である3サークルには次のような変化が生じます。


      「テレパス」に群衆制御特性が追加され、多数のモンスターを同時に操作できます。
      (ただし、この特性はPvPでは適用されません)


      新たに追加された「HengeStone」は、半径内に設置するクレリック系の全ての魔法陣/設置物のスキルレベルを+1ずつ増加させます。また、ドルイドの全ての変身状態の能力値が上昇します。


      ドルイドは「Lycanthropy」スキルを使ってウェアウルフに変身できます。
      ドルイドが変身したウェアウルフはジャンプ/ダッシュも可能で既存ボスモンスター''ウェアウルフ''が持っていないスピーディーなスキルも新たに追加されます。

      オラクル(3サークル)



      運命に介入する神官クラス、オラクルの最終型である3サークルです。


      3サークル''オラクル''は「スイッチジェンダー」で他プレイヤーの性別を変更できます。
      このスキルは村で性別変更を希望する他プレイヤーを待てるように商店形態で運営されます。


      新しいスキル「Foretell」は、魔法陣上の多数プレイヤーが確率的に無敵判定を受けるようになります。
      この魔法陣は一定方向に移動するので、魔法陣上のプレイヤーもそれに従い移動することで効果を維持できます。


      「TwistOfFate」は、敵最大体力を基準として最大40%以内の体力を一時的に減少させ、代わりにその倍を30秒間で回復させます。正確に判断して使わないと他パーティーメンバーに被害を与えることになるので使う前に戦略的な判断が必要になります。このスキルはフィールドボスを除いたボスモンスターにも適用されるがボスモンスター討伐寄与度には反映されません。

      プレーグドクター(2サークル)



      状態異常操縦者であるプレーグドクター2サークルの主な特徴は次のとおりです。


      「インケネレーション」スキルに感染特性が追加されて、インケネレーションで討伐した敵のデバフを周囲の他の敵に再拡散できるようになります。


      新たに追加された「Disenchant」は敵が保持するバフを全て無効にします。


      ここでアイテム能力の一部を一時無力化させる特性を追加でき、対人戦での役割もさらに強くなります。


      強力な持続ダメージを与える「Plague Vapours」は、''インケネレーション''スキルと連係する時にボーナス判定を受けるので、多数の敵を相手にした戦闘力も補完されます。

      カバリスト(2サークル)



      カバラの魔法を使用する聖職者、カバリストは2サークルで守備系スキルが強化されます。


      「メルカバ」は周囲の仲間に防御力/神性特性の追加ダメージを与える「神の加護」特性が追加されます。
      また、移動速度を遅くする特性が一緒に追加され、チームプレーで電車のような役割を果たします。


      敵の名前を破棄して数字に置換する「ゲマトリア/ノタリコン」スキルの数字演算速度を速くする特性も追加されます。新たに追加された「連打チャンス」は次の攻撃を頭上に浮かんだ数字だけ連打に変換するので、高い数字を浮かべた敵に爆発的な戦闘力を発揮することになります。


      「Clone」スキルで生成された数字だけ、ランダムにモンスターを複製できます。
      ただし、複製されたモンスターは再複製されず、このモンスターはシルバーとアイテムは元のモンスターと同じようにくれるが経験値はありません。

      インクイジター(1サークル)



      8ランクに初めて登場するインクイジターは魔法使用者を相手にする場合に特に強力なクラスです。


      近接物理攻撃である「God Smash」は鈍器を使う場合、敵の魔法攻撃力に比例してボーナス判定を受けます。


      「Malleus Maleficarum」は魔法使用者を一時的に自身の魔法攻撃力に応じて追加ダメージを受ける状態にして、同時に知能/精神ステータスを半減させるレベル3級デバフを付与します。


      地面に配置された「Pear of Anguish」は踏むことで被害を与えますが、少し広い範囲内で魔法スキルを使おうとする敵を発見した場合、直接飛んで攻撃します。この場合、敵が踏んだ時の3倍に達する大きな被害を与えます。


      「Breaking Wheel」は回転して周囲の敵を攻撃する車輪型召喚物です。
      この車輪が回っている間、直接物理攻撃で打撃すると該当攻撃を範囲内の敵に拡散させるので、ソードマン系クラスと一緒にプレイする時は大きな助けになります。

      タオイスト(1サークル)



      タオイストも8ランクに初めて登場するクラスで呪符を使うユニークな戦略を使用します。


      呪符について簡単に説明すると、各用途別で呪符はフィールド上に直接配置できて、


      配置した呪符は敵や仲間が半径内に近づくと固有の効果を発揮します。


      または遠くから「Begone Demon」スキルを利用して爆破させたり、すぐに発動させることも可能です。


      「Dark Sight」は、呪符近くの全ての仲間を一時的に目に見えない状態にします。


      「Storm Calling」は、呪符があった場所に雷と雨を降らせます。
      この地域では「ザイバス」を含む電撃系スキルのダメージを急増させることができます。
      「Tri-Disaster」は、近くにいる仲間の''火炎/氷結/電撃''系抵抗を同時に大幅に引き上げさせます。


      ▲さっき投げた「Creeping Death」しばらくの後に到着。3枚重なっている状態。

      「Creeping Death」は投げた直後から非常にゆっくり移動する呪符で、届いた敵にダメージを与える。
      届いている間、継続的にダメージを与えて非常に強力ですが移動速度が遅いため止まっているか、遅い敵に主に使用されます。狭い空間に敵を追い込んだり間隔を維持したプレーなどのコントロールによっては多様に使えますので、ユーザーの方々の活用映像を楽しみにしています。
    [スポンサーリンク]

    - CafeNote -