祈りのロウソク(左)がゲレンデの雪原いっぱいに灯ります。(右)
豪雪地:新潟十日町市のなかさとスキー場で開かれた(3月10日)カーニバル です。
このロウソクの間を、何十人ものスキーヤーが松明を持って滑り降ります。寒さを忘れる光景!
 翌日11日、なかさとを北上すると松代、昨年9月に訪れた蒲生の棚田はすっかり雪の中、 田の形跡はまるでありませんでしたが好天で雪の陰影を楽しみました。
 更に北上すると、柏崎市の高柳・【じょんのび】の里、茅葺の家が残る村です。 今年は例年以上の積雪とか、雪かきのオバサンがこぼしていましたね。 下のパノラマ写真で、残雪を味わって?下さい。