裏磐梯の小野川周辺(左)です。 冠雪の樹間をふと見上げると、灰色の空に薄明かりが・・・雪女が 昇っていく予感がしました・・・抜けるような色白の美女がふわりと。  「冷たい美女さん、さようなら」
撮影ツアー(2月6〜7日)の二日目のシーンです。

 一般的に、撮影ツアーには参加制限があり、若い美女は参加できません。
ここ10年ほど例外を経験していませんね(笑)。
厳冬ツアーの参加者は92.5%が物好き老人、・・・ふつうのジイサン・バアサン(オジサン・オバサン)は、この寒い時期には 炬燵の中でウドンをすすっています・・・物好き老々男女は いいショットが撮れそうな幻想を抱いて雪の中を徘徊します。雪女が好きなジイサンもウロチョロします。

 6日の夕刻は、予定を変更して猪苗代湖へ、あまり迫力のない 【しぶき氷】が薄い夕陽を浴び寂しそうでした。 先っぽをポキンと折り、オンザ・ロックの氷にしたい衝動に駆られましたね。
 

 物好きでない貴方は、ウドンでもすすりながら、冷たい写真をご覧ください、雪女が写っているかも?